Home 会社概要 お問い合せ
Contents Menu

キャブレターのページ

<FCRキャブレター>
キャブレターについて
FCRキャブレター
FCRキャブの特長
規制とFCRキャブ
耐久性と出力特性
セッティングの前に
セッティングについて
空燃比について
排気ガステスター
口径について
取り付け方法
セッティングパーツ
セッティング方法
取り付け費用
取り付け車両
セッティングのみ作業
動画での作業紹介
整備、FCRキャブ紹介

CRキャブレター
作業車種紹介

インジェクション車を
キャブレター化
作業車両紹介

コンピュータ
チューニング
Power Commander

車への取り付け
Austin Mini 1000
tommy kaira zz

雑記
雑誌に寄稿文より


Husqvarna TE610へFCRキャブレター取り付け

ハスクバーナーTE610へのFCRキャブレター取り付けを行いました。
ハスクへのFCRキャブ取り付けは、他車種でしたが以前取り付けのご依頼を受け、取り付け可能かを確認した事があったんですが、タンクが大変スリムなのでスペース的にかなり厳しく、今回も難しいかなっとFCRキャブを仮組みしてみた所、若干窮屈では有るものの、取り付けできそうなスペースがあり、取り付け作業を行わせて頂きました。

取り付けはこの様になり、ちょっとした問題もありましたが、しっかりと取り付けが出来ました。

そして、セッティング作業へ移ります。
全くセッティングデータが無い状態からの作業でしたが、排気ガステスターのお陰でしっかりとセットアップが行なえました。

そしてデータはこの様になりました。

思っていた以上にパワーがあり、ビックリしました。マフラーが二本だしの効果なのかなっと感じます。
そして試乗テストを行なってみると、出だしは穏やかな印象を受けるものの、アクセルを開けていくと軽快に回転が伸びて、スピードも乗っていく印象で、KTMLC4などとも違う楽しさを感じました。

そして、この仕様にてお客様にお渡しましたが、意外にも先ず、エンジンの始動性の良さに驚かれてました。
以前は色々と儀式的な始動方法を行っても掛からないような本当に大変だったのが、今回作業を行い、一回のキックですらりと掛かる様になり、左キックでも苦も無くエンジン始動が行えるように成ったっと驚かれてました。
また、お乗り頂いたフィーリングにもご満足いただき、乗り易くなって気持ちの良い加速を見せてくれるとお喜び頂きました。あと後日お寄り頂いた所燃費も伸びたとご報告いただきました。

今回の作業、ハスクバーナーの車輌データが全く無かったものの「キャブさえ取り付けが行えればセッティングは出せる」と言うことを改めて感じた作業となりました。