Home 会社概要 お問い合せ
Contents Menu

キャブレターのページ

<FCRキャブレター>
キャブレターについて
FCRキャブレター
FCRキャブの特長
規制とFCRキャブ
耐久性と出力特性
セッティングの前に
セッティングについて
空燃比について
排気ガステスター
口径について
取り付け方法
セッティングパーツ
セッティング方法
取り付け費用
取り付け車両
セッティングのみ作業
動画での作業紹介
整備、FCRキャブ紹介

CRキャブレター
作業車種紹介

インジェクション車を
キャブレター化
作業車両紹介

コンピュータ
チューニング
Power Commander

車への取り付け
Austin Mini 1000
tommy kaira zz

雑記
雑誌に寄稿文より


FCRキャブレターの特長

FCRキャブレターの特長は取り付けパーツ、セッティングの豊富さが先ず上げられますが、キャブレターの構造が最も利点として上げられると思います。

特に「スロットルバルブ」が斜めに傾いている事が他のキャブレターとの違いとして上げられ、この斜めになってる事で、走行フィーリングに多大な影響が出てるように感じます。

一般的なキャブレターでは、アクセルスロットルを閉じた時に垂直にスロットルバルブが閉じられる影響なのか、急激にトルクの変化が出てしまい、スムーズに走りが出来ないように感じる所が、FCRキャブレターではスロットルバルブが斜めについてる構造により、空気の流れが緩やかになり、トラクションのコントロールがし易いように感じます。特に、アクセルを閉じた時に掛かるエンジンブレーキ時がマイルドなフィーリングに成るので、単気筒、二気筒車ではスロットルが斜めになってる事が効いてる事が分かります。

次にキャブレターの構造、そして機能面ですが、キャブレターの密閉性が優れ、空気とガソリンのミキシングいわゆる「ガソリンの霧状化」がしっかり行われ、これによりエンジン内部へ理想的なガソリン供給でき、より良い燃焼を得られ高出力、そして爆発的な加速力を発揮してくれます。
また、上の項目で述べましたが、セットパーツの豊富さ、そして調整個所の多さもFCRキャブレターの特長です。

セットパーツの豊富さは「ジェットニードル」の数は組合せによっては「1万通り」も有ると言われ、その他のセットパーツも大変豊富に取り揃えてある事から、セッティングの際の調整が本当に細やかなで、絶妙な調整が可能となりますし、調整個所の多さにより全回転領域の調整も行えます。これにより様々な車種、エンジン仕様、マフラーに対応する事ができ、より高い性能へ持っていく事が出来るように成りました。
これらの特徴がFCRキャブレターであるので、キャブレターを交換する事で、今までは味合えないような「エンジンフィーリング」を生み出し、アクセル操作にダイレクトに反応してくれ、自分の思い通りに操れるバイクに仕上げることが可能となります。バイクのクオリティーを高め、絶妙なセットアップが可能となり、取り付け前と後では「違うバイクに乗ってるのでは」と錯覚するほど劇的に好結果に仕上がります。