Home 会社概要 お問い合せ
Contents Menu

キャブレターのページ

<FCRキャブレター>
キャブレターについて
FCRキャブレター
FCRキャブの特長
規制とFCRキャブ
耐久性と出力特性
セッティングの前に
セッティングについて
空燃比について
排気ガステスター
口径について
取り付け方法
セッティングパーツ
セッティング方法
取り付け費用
取り付け車両
セッティングのみ作業
動画での作業紹介
整備、FCRキャブ紹介

CRキャブレター
作業車種紹介

インジェクション車を
キャブレター化
作業車両紹介

コンピュータ
チューニング
Power Commander

車への取り付け
Austin Mini 1000
tommy kaira zz

雑記
雑誌に寄稿文より


FCRキャブレターについて

FCRキャブレターはノーマルキャブレターで懸念した点を解決するだけではなく、より車両の性能、楽しみを引き出してくれるアイテムだと考えています。

それは、取り付けた車両を乗ってみると感じのですが、特に感じる点の中でも際立つ点をいくつか上げてみます。

先ずは、空気とガソリンの混合気化(霧状化)が凄く良く感じる点です。
この霧状化が他のキャブレターと大きく違うと感じ、ガソリンと上手く空気と混合してるお陰で、エンジン内部での燃焼効率が増してるように感じ、一回一回のエンジン点火に無駄なく燃えてる印象を受けます。
事実、エンジン内部に残る残留不燃物カーボンの付着が少なくて、そして全体的に満遍なく残ってる事から上手く燃焼してる事を感じます。

続いて、こう言う言い方もなんですが、本当に痒い所にも手が届くようなセッティングパーツの豊富さが上げられます。
セッティングは車両の個体差に対応するのはもちろん重要な事ですが、FCRキャブレターの場合では乗る方にとってベストな状態に持って行けるので、アクセルワークの癖などにも合わせたセッティングまでも取れるくらい豊富なせってぃグパーツが用意されています。

あと、これは取り付けを数年来続けてきた現在言えることですが、取り付け方の工夫次第で様々な車両に取り付けが行える柔軟性を持ってるように感じます。
セッティング幅、広さにも通じるのですが、FCRキャブレターさえ入るスペースさえあれば、どんな車両でも好フィーリングを導けるセッティングが行えるように感じます。

それと合わせて、取り付け方や口径などを上手く選択すれば、エンジンの特性変化が生み出せ、例えば低速域のトルクを引き出したり、アクセルレスポンスを重視出来たりと、様々な特性の変化が生まれます。
取り付け車両の特性に合わせて、取り付け方変化させる事で、ご依頼される方の望まれるフィーリングに近づけられるように取り付けが可能です。

そのほか、FCRキャブレターをお薦めする理由に付いて様々ありますが、付け替えると車両の特性が一新され、秘めた楽しさ、力強さを引き出してくれるます。