Home 会社概要 お問い合せ
Contents Menu

キャブレターのページ

<FCRキャブレター>
キャブレターについて
FCRキャブレター
FCRキャブの特長
規制とFCRキャブ
耐久性と出力特性
セッティングの前に
セッティングについて
空燃比について
排気ガステスター
口径について
取り付け方法
セッティングパーツ
セッティング方法
取り付け費用
取り付け車両
セッティングのみ作業
動画での作業紹介
整備、FCRキャブ紹介

CRキャブレター
作業車種紹介

インジェクション車を
キャブレター化
作業車両紹介

コンピュータ
チューニング
Power Commander

車への取り付け
Austin Mini 1000
tommy kaira zz

雑記
雑誌に寄稿文より


口径の選択。


FCRキャブレターへ交換するに当たって、多くの方がノーマルキャブサイズの口径よりも大きなサイズを選ばるようです。
「大きい方が出力を求められるだろう」との選択だと思うのですが、大きい口径を取り付けただけでは出力UPにつながる訳ではありません。

これはキャブレターはエンジンの発生する「負圧」と言う力によって「空気」と「ガソリン」を混合しエンジン内に取り入れを行なっており、この「負圧」を増やしたり、どう活かすか、どの回転域で一番すうようにするのか、など、そのバイクの出力特性と密接に関係している為です。

この「負圧」を増やす事を考える場合、キャブレターのみを大きくしただけでは意味が無く、エンジンではピストン径や圧縮比、そしてリングの状態。カムシャフトではリフト量などが。
またマフラーでは集合の仕方、エキゾーストの太さ、長さ、あとサイレンサー形状などが。
最後にエアークリーナーBOXの形状、エアーダクトの長さ等などが関係してきます。

これら総合的な要因のより負圧の変化、増減が可能となり、単純にキャブレター口径だけを大きくしただけでは負圧が増すわけではなく、逆にエンジン特性を変化させずに大きくした場合、低中回転時に負圧を下げしまい、加速力の低下、出力特性の弊害に成ってしまいます。

ですので、キャブレター口径だけで「どういう出力特性にしたいのか?」と言う事を考えるのでは無く、そのエンジン形式から見る出力傾向、ノーマルキャブレターのサイズから見る特性などを考慮した後に、FCRキャブレター口径を選定されると、そのバイクによりベストな状態を探れ、それが乗る方にとって一番乗りやすい特性を生み出せる結果になるかと思います。

折角取り付ける高性能キャブレターなので、より積極的に口径選択を行い、バイクの特性に合わせるのではなく、キャブレターの口径をノーマルと変化させる事により、より高回転特性型にしたり、低速側を使いやすい特性に変えたりと、口径の選択だけでもフィーリングの変化に幅を持たせ、よりご自分に合ったバイクに仕上げる事が可能です。

使い方、走るシチュエーションをお知らせ頂ければ、おおまかな車両のイメージを作り、使うキャブレターの口径をご選択させて頂いています。