Home 会社概要 お問い合せ
Contents Menu

ツール紹介ページ

ShuPro-1
TECH WRENCH
Micro 500
VALVE COTTER TOOL
cylinder leakage tester
Battery Tender

テストした商品紹介

チタンコーティング
パワーアップ電源


バッテリー充電器

工具と言う訳では有りませんが、冬が近づいてきてバッテリー上がりが心配な季節に成ってきましたのでご紹介いたします。

今までの充電器は充電したまま放置してしまうとバッテリーへ必要以上に電流が掛かる「過充電」になってしまい、バッテリーを元気にさせようとした充電が逆に痛めてしまう結果になる事もありました。

これを回避する為にタイマー機能が付いてて、充電したままで時間が来れば切れるタイプもありますが、これでもバッテリーの状態を見極めて充電時間を決めたり、途中で止めたりと、充電したまま放置する訳には行かず、何らかのバッテリー管理を強いられて、バッテリ充電が結構面倒臭く感じ、自分の経験ではセルモーターの周りが悪くなってから充電する事がほとんどで、これではバッテリー内部のセルが酸化してしまってて、十分に充電する事が出来ず、徐々にバッテリー不良に成ってしまいます。

そんな、ずぼらメンテナンスでも大丈夫で、どうにか良い状態をキープ出来る物が無いかと思ってた所、このバッテリー充電器を知り、この充電器は従来のバッテリー充電器とは違い、充電したままで放置しておいても充電器の方がバッテリーの状態を確認して、いつでも適正な分だけ充電してくれ、勝手に切れて、常に良いバッテリー状態に保ってくれる優れ物。

充電器内部に電子回路が組み込まれ、バッテリーの状態をモニターしながら適性分を保充電してくれ、その状態をLEDランプで知らせてくれます。

バッテリーの接続も付属のジャックが二種類あり、バッテリーに取り付けておくタイプと、挟み込むタイプが選択可能ですので、色々な用途に使用できます。

DUCATIST4Sの場合では、バッテリーを充電する為にカウル一式を外す必要があるため、↓の様に事前にジャックを取り付けておくタイプを選択しました。

↑のジャックと充電器を取り付ければ充電開始し、そのまま挿したままでも大丈夫なので、何もメンテナンス管理をしなくても良くてバッテリーをいつでも良い状態に保ってくれるので、かなり便利です。
↑の様に緑ランプが付いてれば満充電と言う事なので、一目でバッテリの状態も分かり、最近、一ヶ月に一度しか乗らない事もある自家用DUCATIST4Sのバッテリーが上がってしまい、交換したばかりなので、充電器を早速取り付けてますが、とても気楽に充電でき、なんと言うか携帯電話の充電感覚で付けてる感じで、本当に便利です。

でも、日々のバッテリーメンテナンスに便利な充電器ですが、常に車両に取り付ける必要があり、バイク周りの電源コードが邪魔かなとも感じたり、そもそも100Vの電気がバイク周りに無いとダメだったするので、場所や使い方の限定があるなぁと感じます。

価格は11,760円と充電器としては結構高めかも?ですが、これから寒くなって乗らなくなって行くと自然に放電してしまい、いざ乗ろうと思った時にバッテリー上がりを起してしまうので、乗らない時期にこそ役立ちそうなアイテムかと思います。